メニュー

別居の母に対して、半年に1回、帰省したときに生活費を手渡ししているのですが、被扶養者として認定されないのでしょうか。

生計維持状況の確認のため、別居家族に対する送金は、毎月、銀行振込等のエビデンスの残る形で行っていただくことが必要です。送金額は、お母様の年収の12分の1より多い額であり、送金により生計を維持していると認められることが必要です。
お子様の就学・被保険者が業務の都合で単身赴任となったことにより別居している場合のみ、被扶養者資格認定時等の送金状況確認書類の提出は免除されています。

Posted in: 扶養認定について