メニュー

子供(4歳)が、弱視の治療のため、眼鏡を作成しました。病院で健保から払い戻されるかもしれないと聞いたのですが。

9歳未満の小児が、弱視・斜視・先天白内障術後の屈折矯正の治療のため、医師の指示により治療用眼鏡等を作成した場合、健康保険組合より療養費が支給されます。 支給される額は、実際に支払った額と別途定められた基準額のいずれか低い額の7割(小学校入学前は8割)です。

Posted in: 病気やケガをしたときの給付について