メニュー

健保からのお知らせ

[2018/01/16]

医療費控除の提出書類が簡略化されました

 平成29年分以後の確定申告から、医療費控除を受ける場合に、「医療費控除の明細書」を提出することにより、領収書の提出又は提示が不要になりました。また、健康保険組合が発行する「医療費通知」の添付により、「医療費控除の明細書」の記入を省略することができることになりました。

 「医療費通知」により申告を行う場合は、領収書の保存が不要になります(「医療費通知」記載内容修正、「医療費控除の明細書」への記載内容については、領収書を確定申告期限等から5年間保存する必要があります)。

 確定申告には、医療費通知WEBサイトからプリントアウトした「医療費通知」はご使用いただけません。2月初旬に「医療費通知(平成29年1月~11月受診分)」を発行いたしますので、こちらをご使用ください(平成29年12月受診分については、「医療費通知」には含まれていないため、確定申告の際は「医療費控除の明細書」への記入が必要です)。

 尚、発行対象者は、平成29年1月~11月の受診に対して、健保からの給付金が発生した方になります。その他の方で、発行ご希望の方は、健康保険組合[℡050-3133-6600 又は 代表℡06-6226-5034]へ保険証の記号・番号をご連絡ください。

 確定申告の具体的な手続詳細は、国税庁ホームページまたは最寄りの税務署へご確認ください。