メニュー

海外で医療を受けたとき

イラスト

海外渡航中に急な病気やケガでやむを得ず現地で治療を受けた場合も、健康保険より療養費として払い戻しを受けることができます。

ただし、治療内容・治療費は国ごとに異なりますので、実際に払い戻される額は、国内の健康保険で定められた治療費を基準に算定されます。歯科診療・手術等の多くの部分は、健康保険の払い戻しの対象にならない場合もあります。手続には海外の医療機関で発行された「領収明細書」「診療内容明細書」が必要ですので、必ず受け取っておいてください。

治療を目的として海外に行き療養を受けた場合は、払い戻しの対象になりません。また、日本国内で保険適用されていない医療行為等も支給対象外です。

提出書類

  1. 療養費支給申請書
  2. 領収明細書(医師の署名が必要)
  3. 診療内容明細書(医師の署名が必要)
  4. 領収明細書・診療内容明細書が外国語で記載されている場合は、日本語の翻訳文(翻訳者の氏名・住所を記載)
  5. 渡航確認書類(旅券・航空券等の写し)
  6. 海外療養費支給申請調査に関わる同意書
申請書類はこちら
  • 療養費支給申請書
    記入見本(PDF)
    書類
    書類
    診療内容明細書・領収明細書・社会保険表章用国際疾病分類表
     
    書類
     
    歯科診療内容明細書
     
    書類
     
    海外療養費支給申請調査に関わる同意書
     
    書類
     
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。