メニュー

亡くなったとき

被保険者が死亡したとき

被保険者(本人)の家族(被保険者の収入により生計を維持していた人)が被保険者の埋葬を行った場合、一律に50,000円が「埋葬料」として支給されます。

家族(被保険者の収入により生計を維持していた人)がいなかったときは、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の額の範囲内で、かかった費用の実費が支給されます。この場合は「埋葬費」といって「埋葬料」と区別されています。埋葬にかかった費用には、葬儀代のほか、霊柩車代、霊前への供物代、僧侶への謝礼などが含まれます。

被保険者死亡の翌日以降は、健康保険証を使用できません。健康保険証の返却及び被扶養者は国民健康保険等への加入手続きが必要です。

業務上あるいは通勤途上の事故による死亡については、労災保険から葬祭料が支給されるため、健康保険の埋葬料は支給されません。

被扶養者が死亡したとき

被扶養者が亡くなったときは「家族埋葬料」として、一律に50,000円が支給されます。

「健康保険被扶養者(異動)届(被扶養者削除)」「健康保険証」「家族埋葬料請求書」を提出してください。

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。